写真がない場合|

ZERO Architect

トップ > 当社の実績 > 写真がない場合

当社の実績

写真がない場合

2018年07月03日更新

"Architecture"の訳語としての「建築」という言葉は明治維新に近い幕末の1862(文久2)年に蕃書調書の堀達之助が編纂した「英和対訳袖珍辞書」の中で"Architect"に「建築術ノ斈者」、"Architecture"を「建築斈」に当てられた。札幌の開拓使は"建築"を採用している。一方、明治時代の当初、工部省などで"Architecture"は「造家」としていた。これは上記辞書を刊行した2年後の1864(元治元)年に村上英俊が編纂した「儒語明要」で"Architecture"は「造家」と訳していた。ほぼ同時期にArchitectureを意味する2つの造語が誕生していた。

伊東忠太は、造家学では工学的意味合いが強いため、建築と改めることを提唱する。造家学会、造家学科は建築学会、建築学科などと改められたが、佐野利器らの出現によってまた関東大震災などの影響下で工学的傾向自体は変わらなかった。


スタッフ

お気軽にお問い合わせください。

ZERO Architectへのご質問、サービス内容等でご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ

24時間受付中です。いつでもお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせ下さい。

TEL.099-219-2060

☎ 099-219-2060

※タップすると電話がかかります。

会社情報

  • ZERO Architect
  • 〒892-0817
    鹿児島県鹿児島市小川町
    26-23-101
  • TEL.099-219-2060

Facebook

URL

∧ PAGE TOP